食品リサイクル法とは

環境のための法規制に対応する

食品リサイクル法の概要

平成19年に改正された食品リサイクル法では、循環型社会への意識がこれまで以上に明確になり、食品廃棄物の「資源」としての位置づけが強調されています。「ゴミ」として処分するのではなく、「循環資源」として活用する。この姿勢を徹底させるため、改正後は新たな規制や目標等が設定されました。

食品リサイクル法

食品産業から廃棄される大量の生ゴミなどを、円滑なリサイクルルートに乗せることを目的とした法律。全食品事業者が再利用などの食品リサイクル実施率20%を達成するという目標値が、2007年12月に改定され、2012年までの目標値として業種別に設定されたうえで引き上げられた。特に、外食産業は2005年度のリサイクル実施21%に対して改正後の目標が40%と実績のほぼ倍増という厳しいハードルが課せられた(食品製造業は実績81%に対して目標値85%。食品卸売業は実績61%に対して目標値70%、食品小売業は31%に対して目標値45%)。

食品リサイクル法

食品リサイクル法

環境問題への取り組み
リサイクル・ループ
食品リサイクル法とは
機器紹介
ページトップへ