遮熱対策の施工事例

自動車道IC施設

IC施設に「アドグリーンコート」を塗装。太陽光パネルとの併用で相乗効果を発揮。夏場は熱でエネルギー発電量が低下するソーラーパネルも設置場所自体を涼しくすることで発電効率がアップしました。

自動車道IC施設

通信基地局

塗布後に効果検証を実施したところ、外気温25℃を超えると遮熱効果があり、20℃を下回ると保温効果ありと報告されました。塗装前は冬16℃、夏26℃と設定を変える必要があったが、塗布後は温度制御を一定にでき、年間を通じて空調機の電気使用量の削減効果に繋がりました。

通信基地局

屋根だけでなく 壁にも塗布することで、より効果的に温度上昇から内部を守ります。

戸建住宅

外気温が30℃を超えると、コロニアル屋根の表面温度は塗布前と塗布後で約10℃以上の差が出ます。冷房の温度設定を1℃上げると(例:27℃→28℃)電気代が10%削減できるため、家庭においては電気代節約に大きな効果が得られます。同様に、公民館などの公共施設にとっても、夏場の電気使用量削減に効果的です。

戸建住宅

こんなところでも効果を発揮

フェリーやタンカーの甲板・キャビンにも最適。暑さ対策と燃料削減に貢献しています。また、屋外に設置されている配管など、夏場に太陽熱で温度が上昇して触れられないものでも、塗布後は素手でメンテナンスが可能になり、作業効率がアップしました。

フェリーやタンカーの甲板・キャビンにも最適


新エネルギー事業
遮熱による節電のご提案
遮熱対策の施工事例
ショールームご紹介
ページトップへ